ブルテリア ブラジリアン柔術&総合格闘技専門ショップ
トップページ商品カテゴリお支払・配送について店舗・企業情報新着情報お問い合わせカートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

ブラジルブログ
ブルテリアブログ
International Website Bull terrier
Bull Terrier Fight Gear Web Site

http://www.bullterrier.co.jp/copabullterrier/

ブルテリア セカンドサイトはこちら
ブルテリアチーム
ブラジリアン柔術テクニック
浜松のブラジリアン柔術&総合格闘技道場 ブルテリア格闘技ジム
取扱商品一覧
商品検索
キーワード    価格範囲 円〜
柔術衣について

 

こちらでは柔術衣に関する情報を発信していきたいと思います。

ぜひ、柔術衣ご購入の際のご参考になればと思います。

また柔術衣に関する新しい情報がありましたら、メールまたは掲示板にてご報告ください。

柔術衣の洗濯に関しましてはこちら

柔術衣新基準

CBJJ国際ブラジリアン柔術連盟が2006年より柔術衣に関する新基準を設けました。
パッチ縫い付け箇所の規定です。
CBJJのサイトにあるものを抜粋しました。
CBJJ公式ルール

しかしこの図では非常に曖昧な部分が多かったため、例えばKORALの肩のパッチは駄目なのかと多くの不安の声が寄せられました。

そこで過去開催された国際大会を参考に、パッチ貼り付けが駄目な部分のみの図を作成しました。

先の大会ではKORALやKEIKOニューリミテッドにあるような肩のパッチはもちろんOKで、それ以外にもズボンのサイドやお尻のパッチも問題なく通っていました。

駄目なのは上記図にもあるように袖やズボンの裾とひざの部分です。

現在当店にて発売されている商品は大体問題ありませんが、一部ズボンの裾にパッチがついているモデルは、試合の際パッチを取らなければならない場合がございます。

しかしながら主催者により基準がまちまちだったりするため、もしパッチが上記不可箇所についているが取りたくないという場合は念のため大会主催者に問い合わせてみることをお勧めいたします。

 


ブラジリアン柔術連盟が定める柔術衣の試合規定



チェッカー
現在の柔術ルールは、柔術衣に関して規定があります。
試合の際にその基準をクリアしているか計測するために使用されているのがこのチェッカーになります。
まず、襟の幅と厚みの規定です。
襟の厚みはチェッカーではさめればOK。

襟の幅は4.95cm以内で、チェッカーに入っている黒いラインにかからなければOK。


次に袖の幅の規定です。
袖から脇にかけて6.80cm以上の余裕が必要。
チェッカーで袖を挟み脇のほうまで通ればOK。

なぜ、そんな規定があるかというと、襟は硬くて厚いほうが襟を使った絞めがかけづらく、袖の太さも細いほうが相手につかまれづらく、どちらも試合で有利のため、規定を設けたのでしょう。


ズボンの長さ

くるぶしにかかっていればOKです。
ズボンも短い方が有利ですので、ブラジルではわりと短めにはかれており、試合の際には無理やり腰履きにして裾をくるぶしにかけて通しているようです。


柔術衣のカラー
国内の公式戦(全日本選手権等)では柔術衣の色の規定があり、認められているのは白、青、黒、紺のみです。
それ以外の色(赤等)は認められておりません。また、白、青、黒、紺でも上下色違いや襟が違うものも規定に通りません。※KEIKOのように裾ラインに色が付いているものはOK



試合不認可のタイプ

赤等の白、青、黒、紺以外のカラー


白でも襟の色が黒い場合はNG
 

色が入っていても試合規定に通るモデル

裾や袖に黒いラインが入っているものはOK


但し出場する大会によって柔術衣のカラーに関してはこの限りではありません。

BJJFJ以外のブラジリアン柔術連盟では柔術衣の色の規定がない場合もあります。

また、連盟主催以外での大会は色の規定がない場合も多いので、出場前に主催者に問い合わせてみる事をお薦めいたします。

 

柔術衣の重さについて

2003年より日本でも柔術衣を着ての計量が施行され始めました。
公式試合ではこちらが施行されるようです。

試合出場される方は事前確認することをお勧めいたします。
柔術衣を着ての軽量の場合、柔術衣が軽ければその分体重を増やせるので、減量がきつい方はかなり助かるはずです。

ただし軽い柔術衣ですと、その分相手にとっても利用しやすくなるので(掴みやすかったり、相手の衣を利用した締めが使いやすくなる等)、やはり軽ければいいというものでもありません。

試合をするにあたりその辺まで戦略に入れるのもいいかもしれません。

 

体重

柔術衣

総体重

ガロ級

54.99kg

2.5kg

57.49kg

プルーマ級

60.99kg

3.0kg

63.99kg

ペナ級

66.99kg

3.0kg

69.99kg

レーヴィ級

72.99kg

3.0kg

75.99kg

メジオ級

78.99kg

3.3kg

82.29kg

メイオペザード級

84.99kg

3.3kg

88.29kg

ペザード級

90.99kg

3.3kg

94.29kg

スペルペザード級

96.99kg

3.5kg

100.49kg

ペザディッシモ級

97kg〜


 



写真参考 MACHADO SUPERPESADO 白

DOUBLEWEAVE素材

但し大変丈夫なつくりで、相手にも掴まれづらく、絞めづらいという俗に言う鎧形といわれるものです。

ただやはりかさばり価格もシングルやゴールドに比べかなり高いです。

2000年の新基準で、上記に説明したとおり柔術衣を着ての計量が始まったためため、現在ではあまり流通されてないようです。

写真参考 SEISHIN SUPERPESADO 白


写真参考 MACHADO OURO 白

GOLDWEAVE素材

読み方は本当はゴールドウィーヴらしいのですが一般的にゴールドウェーヴで通っています。

2000年頃ブラジルで柔術衣に関しての新基準(レギュレーション改定)ができ、それに対応して生まれたのがこの新素材だといわれています。

シングル並みの軽さでダブル並みの丈夫さでしかもつかまれづらいという触れ込みで広まりましたが、洗濯するとすごい縮むという欠点も併せ持っています。

 


写真参考 MACHADO SINGELO 白

HYBRIDWEAVE素材

ハイブリッドウィーブ素材。
レーヴィシングルというモデルが一

ゴールド同様シングルとダブルの中間生地となり、高級の柔道衣のような生地です。
生地は上質で作りもいいため、着心地抜群です。
ぜひ他と着比べてください。

こちらもゴールド程ではないですが洗濯で多少縮みます。


写真参考 MACHADO LEVE 白

SINGLEWEAVE素材

軽い素材を使っております。

価格も安めで持ち運びも便利。

但しやはり生地が薄いため掴まれやすく、耐久力も若干弱いと思われます。


写真参考 MACHADO REFORCADO 白

SUMMERWEAVE素材

生地はズボンと同じ生地で織ってあります。

空手着のような感じだと思っていただければわかりやすいと思います。

子供用の柔術衣はこの生地を使っているものが多いようです。

※KEIKOのサマーモデルはこちらではなく通常のシングルと同じ生地となります。

それぞれに長所や短所がありますが、どの生地を選ぶかというのも柔術衣選びのの楽しさの一つです。またあまりこだわらないで両方着てみるのもいいと思います。

あと、サイズ選びについてですが基本的には柔術衣はどの生地でも洗濯すると縮むので、縮むことを想定して選ぶことが必須です。

※現在はKORALのようにウォッシュ加工済みでほとんど縮みが無い柔術衣がありますので、詳細は各商品欄をご参照ください。

新品の状態で袖を通してみて少し大きいくらいが1番丁度いいでしょう。

ただしゴールド素材のものはシングルの2倍縮むといわれていますので、新品の状態で丁度いいくらいだと試合の規定に通らなくなってしまうおそれがあります。

洗濯についてですが、普通に洗濯機にかけて洗剤も普通の洗剤で問題はありませんが、乾燥機はタブーです。

乾燥機にかけてしまうとかなり縮んでしまうらしいので、大きくて縮ませたいときを除き使わないようにしましょう。

干すときもそれほど問題ありませんが、気を使う人(特にゴールド素材でレギュレーションギリギリセーフの人)はしっかりとしわを伸ばし陰干しするようにしましょう。

 

柔術衣サイズ目安表

※実際はメーカーにより多少異なる事がありますのであくまで目安としてお考えください。

M0

110cm〜125cm

15kg〜22kg

M1

0号

120cm〜135cm

20kg〜32kg

M2

1号

130cm〜145cm

30kg〜42kg

M3

2号

140cm〜155cm

40kg〜52kg


A1

3号

150cm〜168cm

50kg〜65kg

A2

4号

165cm〜178cm

62kg〜78kg

A3

5号

173cm〜185cm

72kg〜90kg

A4

6号

182cm〜200cm

85kg〜120kg

 


メーカーごとにわかる範囲で採寸を記載していますので下記の写真を参照にしてご参考ください。

各メーカーごとの詳細
ATAMA BERZEK BULLTERRIER BRAZILCOMBAT DRAGAO DUMAU FIGHTER FORCE GAMENESS KEIKO KORAL KRUGANS MACHADO PRIDE SEISHIN SENKI VULKAN WAR